2021.05.13

寄り添い 忘れず つなぐ 陸前高田、震災10年で追悼法要

追悼法要で東日本大震災の犠牲者をしのぶ寺院関係者
追悼法要で東日本大震災の犠牲者をしのぶ寺院関係者

 東日本大震災の犠牲者をしのぶ追悼法要「勿忘(わすれな)のつどい」(真宗大谷派仙台教区気仙組(そ)主催)は11日、陸前高田市高田町の奇跡の一本松ホールで行われた。

 震災10年に合わせて企画し、気仙組を構成する陸前高田市、大船渡市、住田町の10寺院の檀家(だんか)ら約150人が来場。法要を営み、故人の死を悼んだ。

◇      ◇

 記事全文は、5月12日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク