大船渡市三陸町の吉浜小(鎌田慎校長、児童45人)の3、4年生12人は10日、同校でワカメの芯抜き作業を体験し、地元の水産業への関心を高めた。

 塩蔵ワカメ約7キロの芯抜きに挑戦。同市三陸町吉浜の漁業佐藤宏紀さん(43)らの指導の下、ワカメの向きや力加減などに気をつけながら、茎と葉に分けた。