大相撲夏場所初日(9日・両国国技館)盛岡市出身で十両西13枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、東13枚目の大翔鵬を寄り切りで破り、白星発進した。

 錦木は大翔鵬に左上手を許し、左を差せずに苦しい体勢。強引な寄りは残されたが、左巻き替えに成功した。もろ差しを果たして相手の上体を起こし、力強く寄り切った。

 2日目は東14枚目の武将山と対戦する。