盛岡さんさ踊り実行委(会長・谷藤裕明盛岡市長)は30日、盛岡市内で役員会を開き、さんさ踊りを8月1~4日に開催する方針を確認した。規模を縮小し、観覧は県民限定で1日当たり5千人を上限とする方向だ。

 会場は基本的に同市中央通とし、パレードの距離は今後詰める。パレード参加者は2週間前からの体調管理など感染防止策を行い、1団体ごとに人数制限を設ける。観覧者が加わる恒例の輪踊りは中止する。