陸前高田市の気仙町けんか七夕祭り保存連合会(佐々木冨寿夫会長)は、今夏のけんか七夕の中止を決めた。新型コロナウイルス感染防止のため、2年連続で開催を見送る。

 8月7日の開催を予定していた。縮小開催を望む声も一部あったが、開催日に多くの人が集まることや県内外の感染状況を考慮し「開催は難しい」との結論に至った。

 約900年の歴史があるけんか七夕は東日本大震災直後の2011年に唯一残った山車で運行し、12年にもう1台作って「けんか」を復活させた。20年はコロナ禍で中止し、地域住民向けの代替行事を開いた。

 同市高田町のうごく七夕まつりは、開催の可否を今後検討する。