ぴかぴかに輝く笑顔とランドセル-。県内公立小の入学式ピークとなった7日、宮古市鴨崎町の山口小(妻田篤校長、児童188人)は亀岳小との統合後初の入学式で、新入生46人が仲間入りした。

 新型コロナウイルス感染症対策として規模を縮小。新入生はマスク越しでも分かる満面の笑みで入場し、名前を呼ばれると「はい」と元気に立ち上がった。

 県内公立小296校中、7日は152校で入学式が行われた。8日は129校が実施する。