2021.04.07

メディアの新たな可能性探る IBCラジオ「デジラボ」放送開始

連載について思いを語る前川晶記者(右)と弦間彩華さん
連載について思いを語る前川晶記者(右)と弦間彩華さん

 岩手日報社の若手社員とIBC岩手放送アナウンサーの弦間彩華さん(24)が生出演するIBCラジオの新番組「デジタルニュース・ラボ(デジラボ)」は6日、初回が放送された。両社が連携し、新聞と放送、インターネットの融合でメディアの新たな可能性を探る。楽しく真剣に岩手日報の記事を掘り下げる。

 初回は岩手日報社整理部の前川晶(あき)記者(29)が出演。釜石市鵜住居(うのすまい)町出身の前川記者が古里を巡る連載「紡ぐ~鵜住居とともに~」について、古里への思いや連載に対する覚悟など胸の内を熱く語った。生放送後の動画配信では、この連載に取り組む岩手日報社の震災10年若手プロジェクトチームの活動なども紹介した。

 番組は毎週火曜日午後6時半~同7時で、13日も前川記者が出演する。インターネットで同時放送するほか、ツイッターや動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」などのネットツールで発信。6日放送の動画や音声が楽しめるホームページは7日公開。

 

デジラボの情報サイトはこちらから

関連リンク