2021.04.06

県内2人から変異株初確認 新型コロナ、英国由来

 県は5日、新型コロナウイルス感染が確認された県内在住の2人から、感染や重症化しやすい可能性のある英国由来の変異株が検出されたと発表した。変異株の確認は県内初。2人の接触者は検査済みで、現時点で起点とした感染拡大は確認していない。

 2人は3月22日~4月4日発表のコロナ患者で、重症ではない。県外患者との接触歴があった。県は個人の特定につながるとして居住地や年代、性別など詳しい情報は明らかにしていない。

◇      ◇

 詳報は、4月6日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク