【米アナハイムで本紙特派員斎藤孟】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は4日(日本時間5日)、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで行われたホワイトソックス戦に「2番・投手」で先発出場した。投げては初回に101マイル(約162キロ)を計測。打っては初回に先制の2号ソロを右中間に放った。

 公式戦での投打同時出場は4年目で初めて。球団によると公式戦で「2番・投手」で先発して他の守備位置に就かなければ、1903年のジャック・ダンリービー(カージナルス)以来となる。