久慈市荒町 宮城建設社員 加藤 遼太郎さん(20)

 盛岡市の専門学校を卒業し、この春社会人となった。道路や建物など目に見える形で社会貢献できる喜びでいっぱい。青森県つがる市出身で、初めて生活する久慈の市役所でハザードマップをもらった。沿岸の防災意識の高さを感じ、自分も気を引き締めなければならない。仕事を通じて復興に携わることができる。学んできたことを生かし、地域の役に立ちたい。