ヒップホップダンス教室を運営する北上市青柳町のコントローラーダンスカンパニー(軽石渉記(さだのり)代表)は、同市で三つの周年が重なる2021年度の「トリプルアニバーサリー」をPRするダンスを創作し、4日の発表会で公開する。キッズダンサーが伝統芸能とヒップホップを融合させた新感覚のパフォーマンスで、同市の節目を盛り上げる。

 鬼剣舞のおはやしを基にした音楽にヒップホップダンスを合わせた。重心を落とした振り付けは、大地を踏みしめて悪霊を追い払う鬼剣舞のヘンバイをイメージ。約3分半の構成で力強さとしなやかさを表す。

 発表会は同市さくら通りのさくらホールで午後1時~同3時半。問い合わせは軽石代表(090・2987・1992)へ。