2021.04.03

「手順難しい」相談相次ぐ ワクチン接種券の保管を呼び掛け

盛岡市内の高齢者に届いた新型コロナウイルスワクチン接種券などの案内(一部加工をしています)
盛岡市内の高齢者に届いた新型コロナウイルスワクチン接種券などの案内(一部加工をしています)

 盛岡市が65歳以上の高齢者に発送した新型コロナウイルスワクチンの接種券(クーポン)を巡り「いつ、どこで受けられるのか。分かりにくく不親切だ」などの苦言や問い合わせが市に相次いでいる。特命取材班にも80代の母を持つ同市の40代会社員女性から「詳細が決まらないのになぜ送付したのか。高齢者には手順も難しい」との声が寄せられた。市ワクチン接種実施本部は「真摯(しんし)に受け止め、広報に生かす」と周知方法を検討し、券を保管するよう呼び掛ける。

 接種券は3月26日に8万3866人分を発送。封書には接種券のほか予約方法などのお知らせやワクチンの説明書、問診に使用する予診票が同封されている。

 お知らせには①接種可能な時期を確認する②予約する―と接種までの流れが記されているが、日時や会場はない。詳細は未定で「接種できる時期はホームページやコールセンターで確認を」との記載がある。

 予約方法も無料通信アプリLINE(ライン)、ウェブ、電話の3種類で、女性は「まだ受けられないことが分かりにくく、予約方法も高齢者にとってはハードルが高い」と訴える。

 問い合わせは午前9時~午後6時(無休)、市コールセンター(0120・220・489)へ。

◇    ◇

 身近な疑問から行政・企業の内部告発まで、あなたの依頼を岩手日報の記者が取材します。以下のいずれかの方法で、リクエスト・情報をお寄せください。

※ いただいた情報等の取り扱いには万全の注意を払い、取材源の秘匿を厳守します。
※ 取材リクエスト・情報について、メールや電話でご連絡する場合があります。投稿をいただいても取材できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

盛岡市内丸3-7
報道部 特命記者係
FAX(019・623・1323)

関連リンク