宇都宮市塙田の桜の名所、八幡山公園でソメイヨシノが満開となり、園内は春一色となった。

 約800本が見頃を迎え、昼時にはシートを敷いて花見を楽しむ家族連れの姿が見られる。

 初夏のような陽気が続いた影響で、例年に比べ1週間ほど開花が早いという。同園管理事務所では「新型コロナウイルスの感染予防のため、少人数で密を避け、静かに花見を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

(下野新聞社提供)

 【アクセス】JR宇都宮駅から徒歩約20分、東北道宇都宮インターチェンジから車で約20分 

 【問い合わせ】八幡山公園(電話028・624・0642)