2021.04.29

佐々木、五輪切符 ライフル射撃で県人初

女子ピストルの代表決定戦を制し、東京五輪の切符をつかんだ佐々木千鶴(左、岩手県警)=29日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンター(日本ライフル射撃協会提供)
女子ピストルの代表決定戦を制し、東京五輪の切符をつかんだ佐々木千鶴(左、岩手県警)=29日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンター(日本ライフル射撃協会提供)

 【東京支社】ライフル射撃の東京五輪選手内定決定戦最終日は29日、東京都の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)・イースト射撃場で行われ、女子ピストル種目は盛岡市出身の佐々木千鶴(35)=岩手県警、盛岡・岩手大付中-盛岡白百合学園高=が小西ゆかり(飛鳥交通)との一騎打ちを制し、初の五輪代表を決めた。本県出身選手のライフル射撃五輪代表は初めて。

◇    ◇

 号外「佐々木、五輪切符」を電子新聞「岩手日報デジタル版」で配信しています。会員登録(無料)すると、閲覧できます。

 岩手日報デジタル版

号外はこちら

会員登録はこちら