東日本大震災で大きな被害が出た釜石市に27日、「いわて被災者支援センター」がオープンした。震災から10年が過ぎても、なお解決しない経済的問題や生活の悩みを抱えた被災者に寄り添う「伴走型支援」を目指す。山屋理恵センター長は「誰ひとり取り残さない」と話す。

 センターは、ローン返済や生活設計などの課題に合わせて被災者ごとに支援計画を作り、必要に応じて弁護士やファイナンシャルプランナーを紹介する。各市町村の社会福祉協議会とも連携し、計画作成後も継続してケアに当たる。

 宮古、釜石、大船渡、陸前高田の4市でそれぞれ月1回、弁護士による無料相談会を開く。