2021.04.26

届け 祈りの鬼剣舞 北上の6団体、震災被災地思い披露

震災犠牲者の慰霊と被災地復興を祈願した鬼剣舞=25日、北上市立花・展勝地
震災犠牲者の慰霊と被災地復興を祈願した鬼剣舞=25日、北上市立花・展勝地

 東日本大震災の犠牲者を供養する「追悼慰霊復興祈願の舞」(北上市民俗芸能協会主催)は25日、北上市立花の展勝地で行われた。5月に開園100周年を迎える展勝地の広場から、発生10年が経過した沿岸被災地に向け、気迫あふれる一斉演舞で思いを届けた。

 雨上がりに広がった青空の下、市内の鬼剣舞保存会6団体約70人が演舞。「一番庭」と「刀剣舞の狂い」の演目を勇ましく披露した。

 復興祈願の舞は2011年から始まったが、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止。今年は感染対策を施し、2年ぶりに行った。

関連リンク