日本フェンシング協会は25日、東京五輪の日本代表を発表し、男子サーブルで盛岡市生まれの吉田健人(警視庁)や男子エペで元世界ランキング1位の見延和靖(ネクサス)、女子エペで2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪代表の佐藤希望(大垣共立銀行)ら団体の補欠を含めて21人を選んだ。日本協会によると、史上最多の編成となる。

 今後、国際連盟などの承認を経て正式に決まる。日本勢は個人は全6種目に出場、団体も日本に与えられた開催国枠を活用し、女子エペを除く5種目に出る。