山田町織笠 佐々木 孝作さん(79)

 自宅が津波で全壊し、2017年4月から災害公営住宅の県営織笠アパートで暮らしている。現在は自治会長と民生委員を兼務しており、1人暮らしの高齢者も多いため、毎週見回りやごみ出しの時に声掛けをしている。毎月第2土曜日にお茶会を開いているが、参加者は同じ人になりがち。コミュニケーションをとっていく難しさを年々感じている。