八幡平市の八幡平樹海ライン(秋田県側含め17.1キロ)は23日、冬季通行止めが解除となった。15日開通した八幡平アスピーテライン(27キロ)に続き、迫力ある「雪の回廊」を5月上旬ごろまで楽しめる。

 路面凍結の恐れがあるため午後5時~翌日午前8時半は当面通行止め。両ラインの道路状況や山頂の天候は同センターのツイッターなどで確認できる。