金型表面の加工などを手掛ける棚沢八光(たなざわはっこう)社(大阪府、資本金9800万円、棚沢肇社長、従業員361人)は、一関市東台に岩手工場を建設する。本県など東北の自動車産業の成長に対応し、迅速に金型の加工やメンテナンスできる体制を整える。

 自動車製品などの金型メーカー、明輝(神奈川県厚木市、黒柳貴宏社長)の一関工場敷地内に、延べ床面積576平方メートルで設置。東北初の拠点で11月から操業する。スタート時は技術者2人を配置し、事務員を現地採用。事業展開に応じて、数人規模の雇用を検討していく。