岩手大のまちづくりサークルNPCN(佐々木みらい代表)は、本県の豆腐店やレシピを紹介する「とうふ大豆鑑」を発行した。豆腐購入額が日本一になるなど食文化が根付く盛岡市を中心に取材。店舗のこだわりやおいしい食べ方を紹介し、豆腐の魅力を再発見してもらう。

 A5判、32ページ。県内5店舗の製造方法やお薦めの食べ方を紹介。県産大豆を使った商品や全て手作りの製法など、各店のこだわりを生の声と合わせて掲載した。

 300部発行し、同大の新入生を中心に配布した。未掲載の取材リポートはサークルのホームページで公開中。