東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、パラリンピックの聖火リレーの採火を、五輪閉幕後に全国47都道府県の880超の市区町村で実施すると発表した。県内は全33市町村で8月12~16日に行われる。

 陸前高田市は12日、阪神大震災で被災した神戸市から分灯されたガス灯「3・11希望の灯(あか)り」から採火するなど、東日本大震災からの復興の思いや地域の特色を生かした火を東京に送り出す。