一関市の県立自然公園室根山(895メートル)で18日、県内トップを切って山開きが行われ、待ちわびた登山者が雄大なパノラマを楽しんだ。

 麓の蟻塚公園でセレモニーを行い、市観光協会室根の小野寺規夫会長は「早朝までの雨が上がり、晴天の下で山開きを迎えることができた。自然を楽しみながら足元に気を付けて登ってほしい」とあいさつ。テープカットに続き、約130人が一斉に登山を始めた。

 8合目の室根神社では神事を行い、今季の登山の安全を祈願。約2時間後に山頂に到着すると、一行は万歳三唱で喜びを分かち合った。