2021.04.19

力走 応援は新様式で 2年ぶり盛岡市内一周継走

参加中学校の生徒たちがデザインした横断幕に背中を押され、力強く走る中学校男子の選手=18日、盛岡市みたけ・県営運動公園
参加中学校の生徒たちがデザインした横断幕に背中を押され、力強く走る中学校男子の選手=18日、盛岡市みたけ・県営運動公園

 第74回盛岡市内一周継走大会(岩手日報社など主催、ユニバース特別協賛)は18日、盛岡市みたけの県営運動公園陸上競技場を発着点とする周回コースで、男女の計6部門が行われた。257チームの約1200人が、2年ぶりに春の盛岡路でたすきをつないだ。

 ランナーたちは雨上がりの桜並木の下をさっそうと駆け抜けた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中学生による恒例の応援合戦は中止。参加中学校の生徒がデザインした選手を励ます横断幕がコースに設置され、伝統の大会を新たな形で盛り上げた。


別刷り特集25日発行

 岩手日報社は4月25日、第74回盛岡市内一周継走大会のチーム、個人記録を収録した別刷り8ページ特集を発行します。

◇      ◇

 詳報は、4月19日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞

関連リンク