2021.04.18

圧巻、毎回18奪三振 富士大・金村が完全試合

富士大-ノースアジア大 リーグ史上2人目の完全試合を達成した富士大の金村尚真=花巻球場
富士大-ノースアジア大 リーグ史上2人目の完全試合を達成した富士大の金村尚真=花巻球場

 北東北大学野球春季リーグ1部は17日、花巻市の花巻球場で開幕して2試合が行われ、富士大の金村尚真(3年、岡山学芸館)がノースアジア大戦でリーグ史上2人目の完全試合を成し遂げた。2017年秋の鈴木翔天(富士大、現楽天)以来の快挙。金村は18三振を奪ったほか、内野ゴロ3、内野飛・直3、外野飛3。133球で27個のアウトを取った。

 富士大打線は0-0で迎えた九回、山城響主将(4年、沖縄・知念)の左越えソロで先制。続く佐藤大雅(4年、北海道・北海)も左越えに本塁打を放ち、2-0で勝利した。

 岩手大は八戸学院大に七回コールド0-12と大敗。打線が無安打に封じられ、投手陣も粘れなかった。

◇      ◇

 詳報は、4月18日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞