2021.04.18

いざ2年ぶり号砲 きょう盛岡市内一周継走

最終調整に励む北松園中の選手たち=盛岡市北松園
最終調整に励む北松園中の選手たち=盛岡市北松園

 第74回盛岡市内一周継走大会は18日、同市の県営運動公園陸上競技場を発着点とする周回コースで行われ、中学校、高校、一般の男女計6部門で計257チームが争う。レース前日の17日、選手たちは各地で最終調整に励み、2年ぶりに開催される大会に向けて意欲を新たにした。

 男女で出場する北松園中(盛岡)は同校周辺で軽めの練習に取り組んだ。バスケットボール部など各部活動の精鋭が集まった特設駅伝部は2月に始動。春休みはタイムトライアルを繰り返し、走力を磨いてきた。

 18日の大会当日は新型コロナ感染拡大防止のため、中学生による恒例の団体応援は禁止。参加者による密集を避けるため開会式は行わない。


5チーム棄権、257チーム出場 監督会議

 盛岡市内一周継走大会の監督会議が17日、同市のアイーナで行われた。同日までに5チームが棄権した。男女の6部門に計257チームが出場する。

 新型コロナウイルス感染症対策として▽可能な限り少人数で来場する▽マスクの着用▽大声の応援の自粛―などを申し合わせた。中学校男女と高校・一般女子のコースが一部変更になったことを改めて確認。繰り上げスタートは各部門とも10分をめどに実施することが示された。

関連リンク