2021.04.16

「夢へ挑戦する学生」募集 奥州の財団、県内高卒の県内進学者

 奥州市の遠藤K奨学財団(遠藤敦子代表理事)は、今年進学した学生を対象に奨学生の募集を始めた。単身渡米後、同市で建設業を切り開き2018年に病気のため75歳で亡くなった遠藤敬さんの思いを踏まえ、応募資格は「夢に向かってチャレンジしている人」。給付型の奨学金として、5月末まで応募を受け付ける。

 3月に県内の高校を卒業し、4月から県内の大学や短大、専門学校に入学した人を対象とする。成績証明書の提出は求めるが、応募資格では人物が優秀で健康であり、勉学に意欲がある点を強調した。

 希望者は進学先の学校から書類を受け取り、5月末までに指定先に郵送する。提出物には将来の夢に関した作文(A4判2枚程度)もあり、指定の様式に沿って、どのような夢を持ち、実現に向けた思いを書いてもらう。

 奨学金は月額3万円で、入学先の最短修業期間に支給する。

 問い合わせは同財団事務局(070・2620・3190、平日午前10時~午後4時)へ。

◇      ◇

 詳報は、4月15日付の岩手日報本紙をご覧ください。

定期購読申し込み・ご案内

岩手日報本紙電子新聞