遠野市で例年8月に開催される「遠野じんぎすかんマラソン」(同実行委主催)の終了が決まった。新型コロナウイルス禍で警備やコース管理人員の確保が難しいためで、市内最大のマラソンレースは40年弱の歴史に幕を下ろす。

 実行委事務局によるとコロナで大会を初めて休止した昨年以降、規模縮小や時季変更などによる開催継続も検討したが、感染対策の人員配置や他地域の競技日程との兼ね合いで人員確保は一層厳しさを増すと判断し、終了する。

 同マラソンは1983年から2019年まで形を変えながら毎年開催。ハーフマラソンのほか3、5、10キロ部門を実施し、近年は2500人余りが参加していた。