県教委は、県立高校再編計画後期計画(2021~25年度)の最終案の県民向け説明会を今月下旬~5月中旬に統合対象の4ブロック(地区)で開く。対象地域の要望や県議会の議論を踏まえて「丁寧な説明を行う」として、当初の20年度内の策定を持ち越していた。少子化や施設老朽化に対応した教育環境充実に向け県民の理解を図る。

 最終案では▽福岡工・一戸(24年度)▽盛岡南・不来方(25年度)▽水沢工・一関工(同年度以降)-の4ブロック6校を3校に再編。少子化を踏まえ、地域の産業教育の拠点校や特色ある大規模校の整備、盛岡地区への生徒集中緩和を目指す。宮古商工と宮古水産の校舎一体整備、盛岡工の移転整備、1学年1学級校の維持も盛り込む。

 説明会は新型コロナウイルス感染症対策のため、事前にメール(DB0003@pref.iwate.jp)かファクス(019・629・6144)で学校教育室高校改革担当に申し込む。電話申し込みは不可。最終案の詳細や申し込み方法は、県ホームページに掲載している。