盛岡地方気象台は13日、盛岡で桜の満開を観測したと発表した。平年より12日早く、昨年より7日早い。1953年の統計開始以降最も早い満開となった。

 同日午後2時半ごろ、職員4人が盛岡市山王町の同気象台敷地内で、標本木のソメイヨシノの約80%以上が咲きそろった満開の状態を確認した。