二戸市浄法寺町のアグリードいわて(杉沢和弘代表取締役)は、菌床シイタケ栽培の産地形成に取り組んでいる。元々は葉タバコ農家だったが、将来性の面から新たな事業に目を向けた。葉タバコの乾燥室を改造することで初期投資を抑えた。通年の出荷が可能であることなど利点も多く、将来的に規模拡大を目指す。

 同市浄法寺町で菌の培養棟4棟、栽培を行う発生舎2棟を管理。建物内は24時間全自動で温度と湿度が一定に保たれている。