2021.04.12

自衛官候補生誓い胸に 滝沢・陸自岩手駐屯地入隊式

自衛官の心得を宣誓する入隊者
自衛官の心得を宣誓する入隊者

 滝沢市後の陸上自衛隊岩手駐屯地(香川賢士司令)は10日、同駐屯地体育館で本年度の自衛官候補生入隊式を行った。29人の若者が国防や災害対応の任務遂行を誓い、新たなスタートを切った。

 保護者や来賓ら約150人が出席。入隊者を代表して菅原光二さん(20)=一関市出身=が香川司令から任命書を受け取り、全員で「常に徳操を養い、心身を鍛え、必要な知識と技能の習得に励む」と宣誓した。香川司令は「同期でワンチームとなり、切磋琢磨(せっさたくま)してほしい」とエールを送った。

 今年の入隊者は18~23歳の男性で全員本県出身。6月末まで同駐屯地で基本技能の訓練を受け、東北管内を中心とした各部隊に配属される。