2021.04.10

季節の味わい一口で 北上・レストハウス運営の展勝地

好評を博しているイチゴ大福と桜餅。新商品の開発を進めてシリーズ化を目指す
好評を博しているイチゴ大福と桜餅。新商品の開発を進めてシリーズ化を目指す

 北上市の展勝地公園内でレストハウスを運営する展勝地(軽石倫史(ともひと)社長)が一口サイズのイチゴ大福と桜餅を売り出し、好評だ。餅へのこだわりと季節感がマッチして連日完売。同公園開園100周年の節目を機に商品開発を強化し、通年を見据えたシリーズ化を目指す。

 商品はいずれも、展勝地が臼ときねで毎朝ついた餅を使用。イチゴ大福(350円)は、大きなイチゴと塩味が効いたあんこが絶妙に合い、こしのある餅で包んで食べ応えを重視した。

 レストハウスの店頭で、イチゴ大福は今月中旬、桜餅は5月上旬まで販売する。月曜定休。注文、問い合わせは同社(0197・64・2110)へ。