盛岡市新庄の市動物公園(辻本恒徳園長)で生まれたキリンのカリン(雌3歳)が9日、「嫁入り」のため富山市の市ファミリーパークへ旅立った。5月中に新たな雌キリンが東京・多摩動物公園から仲間入りする予定だ。

 同日朝、運搬用の箱に入ったカリンを載せたトラックが出発すると、多くの職員が手を振って見送った。担当飼育員の丸山孝作さん(41)は「新たな環境に慣れて、富山でも人気者になってほしい」と願い、別れを惜しんだ。