岩手日報社は、子ども新聞の日報ジュニアウイークリーで連載した「さんりく 海の勉強室」を書籍化し10日に発売します=写真。

 「海の勉強室」は、大槌町にある東京大・国際沿岸海洋研究センターの専門家らが、海にまつわる話題を分かりやすく解説した連載で、昨年12月まで全51回を掲載しました。

 科学読み物として楽しめる「海の生き物編」「海のしくみ編」と、社会科学の視点からアプローチした「海と生活編」「さんりくの未来編」で構成。写真やイラスト、図解をオールカラーで収録し、海への理解や興味を高める一冊となっています。

 AB判102ページ。1430円。書店、お近くの岩手日報販売センターでお求めください。オンラインショップ「岩手日報社の本」でも購入できます。

岩手日報社