県は2021年度、新型コロナウイルス感染症対応を強化するため保健師を増員する。正職員を追加で採用するほか、即戦力となるOBの任用も継続し、前年度から10人程度増やす。感染症対策の最前線を担う現場の負担を軽減し、クラスター(感染者集団)発生時の追跡調査など早期の封じ込めに向けた態勢を整える。