西和賀町の西和賀産業公社(社長・細井洋行町長)は31日、町特産の西わらびを厳選した「プレミアム西わらび」の新商品を発売する。10年以上かけて優良系統を厳選し、開発にこぎ着けた。最高品質のブランドと位置付け、春の「味力」を広く発信する。

 新商品は「プレミアム西わらび醤油(しょうゆ)漬け」。1袋100グラム入りで540円。最も柔らかくて粘りが強いとされる初摘みの約100キロ分のみを使用し、町の地域ブランド「ユキノチカラ」商品として売り出す。

 限定千個で、町内の▽道の駅錦秋湖▽結(ゆい)ハウス▽湯夢(ゆめ)プラザ-のほか、盛岡市の百貨店などで販売する。