宮古市重茂の重茂(おもえ)漁協(山崎義広組合長)は、東日本大震災から10年となる11日、重茂名物の焼きウニを使った新しい冷凍食品「重茂の焼きうにクリームパスタ」を発売する。復興支援への感謝を込めて毎年3月11日に提供してきた商品シリーズの第10弾で今回が最終回。高級食材をふんだんに使い、全国に感謝と元気を発信しつつ、地元海産物の魅力をアピールする。

 1万個を製造し、1個880円。既に県内外から2千個近い先行予約が入っている。同漁協が運営する市重茂水産体験交流館「えんやぁどっと」の食堂では800円で味わうことができる。