2021.03.06

後方支援、発信さらに 遠野・資料館あすリニューアル

装いを新たにする後方支援資料館。遠野市と沿岸被災地、全国の支援者との絆を再確認できる空間だ
装いを新たにする後方支援資料館。遠野市と沿岸被災地、全国の支援者との絆を再確認できる空間だ

 遠野市の東日本大震災の後方支援活動を記録する同市青笹町の後方支援資料館が7日、リニューアルオープンする。常設化して床面積が3割増しとなり、震災発生当時の様子が分かる映像コーナーを新たに設置。震災10年の節目の年に、官民を挙げた広域連携で得た災害支援のノウハウを改めて広く発信する。

 開館時間は午前9時~午後5時。入場無料で年中無休。団体の予約視察も随時応じる。7日は市民センターで入場者限定の市防災の集いも開かれ、岩手大の斎藤徳美名誉教授(地域防災学)が資料館の役割をテーマに基調講演。遠野テレビが生中継する。

関連リンク