大船渡市大船渡町の市魚市場で4日、イサダ(ツノナシオキアミ)が初水揚げされた。初日の数量は昨年よりも17トン増加し、三陸沿岸に春を告げる鮮やかな桜色が浜を活気づけた。

 漁船17隻が次々と入港し、計120トンを水揚げ。日の光に照らされ、かごいっぱいのイサダが輝いた。昨年の不漁の影響などで価格が高騰し、1キロ当たり190~165円、平均価格177円と昨年の約3倍で取引された。