県内の工芸産業事業者が県内外のバイヤーと交流する商談会「もりおかクラフターズフェア&ツアー2021」(盛岡広域振興局主催)は4日、盛岡市中ノ橋通の岩手銀行赤レンガ館で行われた。

 新型コロナウイルスの影響で物産展などの機会が減る中、県内の工芸品の認知度向上や販路拡大を視野に企画。漆器やホームスパン、南部鉄瓶などを扱う約10事業者が出展し、県内外の10社以上からバイヤーが訪れた。