バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)や県内の公式戦で試合運営を支えている県バスケットボール協会に、初の高校生テーブルオフィシャル(TO)が誕生した。佐々木日向(ひなた)さん(盛岡北高2年)は2月28日の岩手-東京EX戦でB3のTOデビュー。昨春から審判員としてもバスケに関わり、新たな風を吹かせている。

 佐々木さんは同協会競技運営部スタッツ・TO委員会に所属。選手の入れ替えが自由で得点が多く入るバスケでは、審判とともに記録や試合時間の計測などを担うTOの役割は重要だ。佐々木さんは28日の試合で攻撃側の24秒ルールを計測するショットクロックオペレーターを務めた。