県教委は30日、県立高校再編計画後期計画(2021~25年度)について、当初目指していた20年度内の策定を見送る方針を示した。統合対象校の関係者から出されたさらなる説明の要望や、県議会での議論などを踏まえた対応。4月以降に改めて対象地域で、現状や将来予測を示し、最終案を説明する場を設ける。最終的な策定時期は説明の機会を経た上で検討する。

 佐藤博教育長は「県全体の高校の在り方を考えて示した最終案を、多くの方々に理解していただく必要がある。説明を尽くしたい」と述べた。