大陸からの西風に乗った黄砂が30日にかけて県内に飛来し、交通障害などが発生する恐れがあるとして、盛岡地方気象台は29日、黄砂に関する県気象情報を出した。黄砂は同日、西日本を中心に観測された。同日の県内は、暖気の影響で最高気温久慈23・3度(平年比13・5度高)など全域で気温が上がった。

 同気象台によると、黄砂の影響で肉眼で見通せる距離「視程」は10キロ未満となり、ひどい所では視程5キロ未満となる恐れがある。

 交通障害のほか、洗濯物の汚れなどにも注意が必要。盛岡では29日の日中、黄砂の観測はなかった。