花巻空港と神戸空港を結ぶフジドリームエアラインズ(FDA、静岡県、楠瀬俊一社長)の定期便が28日、就航した。花巻発着の国内定期便の開設は、FDAによる2011年の名古屋・小牧線以来10年ぶり。初日は満席近い利用があり、関係者は安定的な乗客確保による両地域の活性化を目指す。

 10月末までの夏ダイヤはいずれも午後発着で、花巻発2時50分、神戸着4時半と神戸発3時半、花巻着5時。毎日1往復し、初年度目標は4万人の利用を掲げる。