2021.03.29

スノボW杯、岩渕が初優勝 スロープスタイル

スノーボードのW杯スロープスタイル女子の今季最終戦で優勝した岩渕麗楽=シルバプラナ(FIS提供・共同)
スノーボードのW杯スロープスタイル女子の今季最終戦で優勝した岩渕麗楽=シルバプラナ(FIS提供・共同)

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は28日、スイスのシルバプラナでスロープスタイルの最終戦が行われ、女子の岩渕麗楽(れいら)(19)=バートン、一関・東山中―一関学院高―法大1年=が初優勝を飾った。

 予選は90・66点の1位で通過。決勝は8人で争われた。スピードに乗りやすくキッカー(ジャンプ台)で大技が出しやすいコースで、岩渕は1回目に全ての技を成功し、91・00点の高得点を記録して栄冠をつかんだ。W杯のスロープスタイルは、これまで3度の2位が最高。ビッグエアは通算5勝を挙げている。

◇    ◇

 号外「岩渕が初優勝」を電子新聞「岩手日報デジタル版」で配信しています。会員登録(無料)すると、閲覧できます。

 岩手日報デジタル版

号外はこちら

会員登録はこちら