花巻市の市街地循環バス(左回り)の「星めぐり号」の新車両出発式は25日、同市下小舟渡のイトーヨーカドー花巻店駐車場で行われた。出席者は市民に親しまれ、安全に運行されることを願った。

 市関係者、バス購入費として1千万円を寄付した花巻信用金庫(漆沢俊明理事長)、運行事業者の東和町総合サービス公社(吉田英雄社長)ら約50人が出席。上田東一市長、漆沢理事長らがテープカットし、バスに乗って出発した。

 新車両は2279万円で市が購入。車椅子の着脱式スロープや固定装置を有しバリアフリー法に適合しており、光触媒抗菌コーティングや空気清浄機の設置など新型コロナウイルス感染症対策も施した。