県内公立高校の合格発表を受けて、県内の衣料品店や書店は制服などの学用品を買い求める親子でにぎわっている。今年は新型コロナウイルス感染症に備え、追検査までの日程を長く取ったため、例年より1週間ほど遅い23日に発表。準備期間は短いが、新入生と保護者は「うれしい忙しさ」と、4月から始まる高校生活に希望を膨らませた。

 県教委などによると、県内公立高校の入学式は4月7日を皮切りに、9日にピークを迎える。制服の準備が式に間に合うよう、例年より遅い日程を設定した学校もある。