県北バス(盛岡市、松本順社長)と宮古市は5月末まで、宮古市内の満70歳以上の高齢者や運転免許返納者を対象にしたバスの優待乗車券「宮古いきいきパス」の特別キャンペーンを実施している。ほぼ半額で販売し、バスの利用促進につなげる。

 期間中は宮古駅前から花原市まで利用可能なブルーパス(1カ月3800円、3カ月9千円)を1カ月2千円、3カ月4500円で販売。やまびこ産直館までのオレンジパス(1カ月6千円、3カ月1万5千円)、区界までのグリーンパス(同7千円、同1万7千円)も半額となる。

 同乗車券は、バス利用促進と高齢者の負担軽減を目的に昨年11月から販売。PR不足から売り上げが伸びず、「お試し期間」としてキャンペーンを企画した。