2021.03.25

浜香る「お色直し」 大船渡でワカメ収穫、湯通し

ボイルされ、鮮やかな緑色に変わるワカメ=24日、大船渡市末崎町・門の浜漁港
ボイルされ、鮮やかな緑色に変わるワカメ=24日、大船渡市末崎町・門の浜漁港

 24日の県内は南から暖かい風が入り込み、4月中旬から6月中旬並みに気温が上がった。大船渡市では、最盛期を迎える養殖ワカメの収穫作業が行われた。

 同市末崎町の漁業武田隆さん(73)は午前3時半に船を出し、碁石沖で約1・5トンを収穫。門の浜漁港に戻り、家族ら4人でボイル作業に取り組んだ。約90度の熱湯にワカメを入れると茶褐色が鮮やかな緑色に。武田さんは「生育は順調。変色もなく、品質は申し分ない」と笑みを浮かべた。ワカメは塩蔵加工し、茎と葉を分ける芯抜き作業を経て県内外に出荷される。

関連リンク